【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

 

現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。





エステティシャンのこと
エステティシャン、今すぐ
URL:http://www.dietacademy.jp/sikaku/


【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:180616

わたしの母は現在72歳、
あちこち体質にガタもきている。
色白だった肌にはシミができ、鏡を見てはため息をつく…

歯を何本か入れ歯にしたときは
「年をとるって嫌だね。こんなに醜くなって、
もう特別楽しみもないからそんなに長生きしなくていい」
というのが口癖になった。

ある日のこと、
わたしの友達が家に来て、
母の作ったケーキを食べながら歓談した。

友達が
「おばさん、本当におやつ作りが上手ですよね。
おやつ作り教室なんて開いたらいいのに」
と冗談めかして言った。

わたしは「それはいい考えだ」と思い、
近所の人を集めておやつ作りをすることを
母に勧めた。

それから1ヶ月に2回、
母は近所の主婦を集めておやつ作りを始めた。

材料費以外は取らないボランティアの教室だが、
集まる主婦たちが大喜びで帰っていく…

その姿をうれしそうに眺める母は
「何も楽しみがない」と言っていたのがうそのように輝いて見えた。

「誰かの役に立ってる」「自分のしたことで人に喜んでもらえる」
という喜びが母をこんなにも輝かせているのだろう。

人間は、どんな状況下にあれ
何かの役に立つ喜びというのを感じるのだろう。

小さなお子さんであっても母から
「ありがとう、助かったわ」と言われると満面の笑顔で喜ぶし、
たとえあした死ぬかもしれない状況でも、
他に役立つことが「生きる支え」になることもあると思う。

がむしゃらに働いてきたサラリーマンがふと
「自分は誰からも必要とされていない」と感じたとき、
自分を犠牲にしてお子さんたちを必死で育ててきた母が
「もうお子さんは自分の手から離れてしまった」と感じたとき、
まさに「老い」を感じる瞬間ではないだろうか。