【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



- 注目サイト一覧 -

中央線 賃貸クリック
中央線 賃貸の情報
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/


【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:180812

娘の頃、
わたしは妹に嫉妬してました。
小さい頃の妹はとっても可愛いかったのです。

お姉ちゃんが言うのもなんですが、超キュート!
しかも、恥ずかしがりで、人見知りで、泣き虫。
悔しいけど、可愛かった!

なので、
よく一緒に遊んでは、いじめてました。

2人でお使いや買い物に行った時、
道に迷ったり、買いたいものが見つけられず困った時は、
ぜ〜んぶ妹の責任。

わたしは、産まれた時からそこそこ体格がいいので、
2歳年下のさらに体格も小さい妹には脅威。

そのわたしが、
妹を全力で殴って蹴って、階段から突き落としていました。
妹は、わたしに立ち向かう為には、武器を使うしかない…

そんなわたしをお姉ちゃんに持ち、
妹は思春期に大きな変化を遂げました。

妹は、精神的にかなり強くなっておりました。
人見知りなんて可愛いものは何処に行ったのか、
面と向かって身内でも他人でも、どんどん食って掛かる…

英語もろくに喋れないのに、
海外もしょっちゅう長い期間、単独で行くし…

それはそれで、
その部分をわたしは嫉妬します。

それを感じると
またケンカを吹っかけます。

その日のケンカは、
妹の背中にアザを残しました。

階段の上からイスがわたしの頭めがけて降ってきました。
とても情熱的なケンカです。
2人ともいい歳して…

それから数日して妹は家を出ました。
わたしと一緒の空気を吸いたくないから。

かれこれ2年、妹と会っていない…
嫉妬するほど好きだったんですどね。

しょちゅう2人でカラオケや買い物に行ってたし、
一緒のバイトもしてたし、
2人で旅行も行ったりしてたし…

でも今は、接触すら断たれております。
嫉妬と上手く付き合えなかったわたしのミスですね。