【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



- 注目サイト一覧 -

中央線 賃貸クリック
中央線 賃貸の情報
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/


【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:181214

午前中の通勤では
渋滞した道路の信号待ちに邪魔されることがありますが、
おかげで、
道沿いにある会社での始業風景を眺められたりします。

皆で体操をしている会社がありました。
夏休みのお子様たちの体操と同じで、
親父たちも全く迫力不足です。

腕のひじが曲がったままで、全然伸びていません。
見ていて楽しさが伝わって来ないのは、なぜでしょう?

まじめに体操をしたからといって
どうなるものでもないという気持ちが見えるからでしょう。

自分にする気がないから、
自分の体もしゃきっとさせられません。

他人に言われてすることや
一般的にした方が良いと言われることには、
人は消極的あるいはネガティブな反応をするものです。

一方で
自分がしようと決めたことには邁進できます。

お子様は親の言うようには育たず、
親がするように育つと言われています。

お子様だって親から言われることは嫌なはずです。
お子様も自分で決めたいのです。

お子様は親の後ろ姿の中から
自分の好きなものを自分で選び取ってまねをします。

体操も親父が楽しそうにして見せれば、
お子様は自分も楽しくなろうとまねをするはずです。

親父の仕事ぶりが楽しくないのは、
お子様にとって
将来を暗くする教えになってしまいます。

楽しくなる方法は、
自分が選ぶという手法でものごとを見直すことです。

させられることは疲れますが、しようとすることは疲れません。
たとえしなければならないことでも、
自分に対する期待を見つけることができれば、
楽しくなるはずです。

やる気の無い午前中の体操を眺めながら、
「させられる世界からの脱出」が
親父の後ろ姿だと気づきました。